証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ジェネレーションパス

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ジェネレーションパス

3195

アナリストレポート

基本情報

特色 ネット通販サイト「リコメン堂」を運営 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

ジェネレーションパス(以下、同社)は、ネット通販サイトの「リコメン堂」を運営する、小売業に属する企業である。これだけであれば、多くあるEコマースサイトの会社のひとつということになる。

しかし、同社の付加価値の本質は、良い製品・商品を持っているが、それらをウェブ経由でどのように販売すれば良いかが分からない事業者に対して、ウェブでの販売促進及びマーケティングを支援するところにある。商品を介在してつくり手(メーカー)とつかい手(消費者及び購入者)がいると単純化して考えた場合、つくり手の方に寄り添うのが同社のスタンスである。

リコメン堂の運営を中心とするECマーケティング事業は、全体の売上高の約80%を占める主力事業となっている。14年9月の上場時点では、ECマーケティング事業の単一セグメントだったが、15/10期以降、商品企画関連事業が立ち上がってきた。これに、従来は重要性が乏しく詳細な開示がなされていなかったその他事業も加わり、現在は3事業での開示となっている。

ウェブで自社の製品を販売したいが、ウェブ販売を適正化する方法が分からない同社の顧客(パートナー企業)は、リコメン堂への商品出品者であり、同社にとっては商品の仕入先となる。出品された商品に対し、リコメン堂での商品販売と販売データの蓄積及び分析を通じて、キーワード、商品画像、価格などの適正化を図り、ウェブでの販売を増やしていく。同社ではこの一連の流れをEPO(EC Platform Optimization)と呼んでおり、このプロセスにおいては、リコメン堂は「テスト販売の場」という位置づけとなる。

リコメン堂という名称のショップを中心に、自社サイトのほか、楽天やYahoo!ショッピング、amazon等の大手ECモールに出店している。16/10期末時点での出店数は49店(15年12月末比7店増)である。

(2017年4月17日時点)

沿革(レポートより抜粋)

代表取締役の岡本洋明氏は、日本信販株式会社で通販事業を立ち上げる等の経験を積んだ後、営業支援システムとコンサルティングを行うソフトブレーン株式会社の取締役として、経営と営業を統括していた。その後、02年に独立し、個人の思い出の写真等のアーカイブ化を事業とする会社を設立した。アーカイブ化を通じて、「世代を超えて個人の間の思い出の橋渡しをする」という想いを込め、社名はジェネレーションパスとなった。

思い出写真のアーカイブ化の事業での顧客(家具下請メーカー)から、インターネットでの家具販売について手伝うように依頼されたことが、同社の方向を大きく変えるきっかけとなった。この試行錯誤の過程で、商品の単品販売の限界に気づき、周辺商材を集めていくことによる拡販という方法で成功をおさめた。これが同社のシステムの源流となった。

この成功体験をもとに、メーカーに対するECでのマーケティング支援を行うべく、07年に「リコメン堂」の運営を開始した。同年にYahoo!ショッピング、DeNAショッピングへ、翌08年には楽天に出店し、EC市場へ本格的に参入した。

その後、「リコメン堂」は、09年の独自のマーケティング技術の導入、10年のシステム化によるオペレーション省力化、11年のモール内多店舗化とカスタマーサポート自社内設置、13年のマーケティング情報分析システムの開発等、着実にシステム化、マーケティング機能の強化を進めてきている。

なお、この過程で、12年にトリプルダブルを完全子会社化した。トリプルダブルはシステム構築を行う企業であり、システムの自社開発力の強化に大きな役割を果たしている。そのため、現在4名の取締役のうち2名が、トリプルダブルの出身者である。

(2015年3月13日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。