証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス

3657

アナリストレポート

基本情報

特色 ゲームソフト等のデバック・ユーザーサポートやEコマースサイト・コミュニティサイトの投稿看視等の業務受託(BPO) 市場名 東証一部

事業内容(レポートより抜粋)

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングスは、デバッグ・検証事業の中核子会社ポールトゥウィン、ネット看視事業の中核子会社ピットクルーをはじめ19の事業子会社、孫会社を統括する持株会社である。同社グループの事業拠点は国内11都市、英米5都市、アジア4都市に広がっている。

デバッグ・検証事業では、家庭用コンピュータゲーム機(コンソール)で楽しむ発売前のゲームソフト等をテストプレイし、デバッグ(不具合の検出)等を行っている。同社にデバッグ作業を委託する顧客は、コンソールゲームソフトメーカー、パチンコやパチスロ等のアミューズメント機器メーカー、スマートフォン用ゲームアプリケーション等のモバイルコンテンツプロバイダ、カーナビゲーションシステム等の情報家電機器メーカー等である。ポールトゥウィンはじめ12社が担当している。

ネット看視事業では、イ)インターネットサイトへの不正侵入や有害情報の書き込みの検出及び削除、ショッピングやオークションのサイト出品物の検査等、ロ)ネット通販、電子書籍販売をはじめとする個人向けのEコマースや、スマートフォンゲームに関わるユーザーからの問い合わせに対応するサポート業務、ハ)ネット通販やネット上の保険代理店等の広告内容の審査、ニ)365日24時間稼働のサーバの監視、ホ)学校裏サイトの調査、その他の業務を営んでいる。ピットクルーはじめ3社が担っている。

また報告セグメントの他に、中間持株会社ペイサー傘下の孫会社3社が市場調査・出版、バリアフリー字幕や音声ガイドの制作、医療人材紹介等の事業を営んでいる。

同社の事業は、顧客企業の一連の業務プロセスのうち、労働集約的で生産性の向上や他社との差別化が難しいプロセスについて、アウトソーシングを受けるもの(Business Process Outsourcing)である。同社には適時に適切な人材を必要量確保すること及びそのための環境や管理者の用意が求められている。

(2015年4月24日時点)

沿革(レポートより抜粋)

同社グループの歴史は、コンソール用ゲームソフトのデバッグ業務を目的として、名古屋市にポールトゥウィンを設立されたた1994年1月に遡る。

同社代表取締役会長の橘 民義氏、取締役の本重 光孝氏が同社の大株主で現在ピットクルー取締役副社長の松本 公三氏を迎え入れ、起業するという形態であった。なお、松本氏は橘氏と同じ岡山県出身、本重氏は橘氏と高校の同級生という関係にある。

98年12月に東京都中野区にデバッグ用スタジオを開設し、首都圏に事業拠点を設けた。2000年1月、中野区の事務所に同居する形で、やはり橘氏らの出資により別途ピットクルーが設立された。何れも国内で初めての専業者であった。両社の株式移転によるグループ統括会社として同社が設立されたのは、09年2月である。同社は11年11月に東証マザーズ上場、12年11月に一部市場に変更になった。

海外事業展開は、ゲームの翻訳業務への進出及び中国子会社設立(ただしゲーム機に関し規制の厳しい同国での事業展開は難航している)のあった02年に着手された。アジアではこの後12年にシンガポール、13年に韓国に拠点を設けている。米国子会社の設立は09年。11年には米国法人の欧州支店として英国に事務所が開設された。

海外事業は12年にe4eグループのIE(Interactive Entertainment)事業を買収したことで、業容が拡大した。米、英、印の3カ国の事業所が加わり、ゲームのデバッグ、現地語化及びサポート業務を国際展開する基盤が強化された。現在は北米コンソールゲームソフトメーカーがグローバル展開する作品の多言語ユーザーサポート、日本のスマートフォンゲームの海外展開に伴う翻訳等が進められている。

(2015年4月24日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。