証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > フィックスターズ

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

フィックスターズ

3687

アナリストレポート

基本情報

特色 マルチコアプロセッサの性能を向上させるソフトウェア開発に強み 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

フィックスターズグループはフィックスターズ(以下、同社)及び連結子会社であるFixstars Solutions, Inc.(米国カリフォルニア州)、15年10月にソフトウェア検証業務や機械学習技術の活用を目的としてSHIFT(3697東証マザーズ)と合弁で設立したアイ・イー・テック(同社の出資比率は66%)の3社で構成され、「Speed up your Business」をコーポレートメッセージとして掲げる技術志向の強い新興企業である。

20世紀後半から始まった半導体及びコンピュータの技術革新においては、ムーアの法則注1に基づきクロック数の向上などシングルコア半導体そのものの性能向上、すなわち情報処理のスピードアップがハイテク産業を牽引してきた。しかし一方で、半導体技術の進化は半導体の微細化が原子レベルにまで達し限界を迎えようとしている。同社はポスト・ムーア注2のマルチコア技術によって、更なる情報処理スピードの高速化につながる技術を導入し、社会や顧客のニーズに応えるソフトウェア開発事業を展開している。

具体的には、マルチコアプロセッサ注3を効率的に利用するためのソフトウェアの並列化および最適化と、省電力かつ高速I/O(Input/Output :入出力)を実現する新メモリ技術を活用したアプリケーションの高速化を通じて、ヘルスケア、映像、モバイル、金融、産業機器など様々な分野のソフトウェア開発ニーズに応え、トータルソリューションを提供している。

また同社は13年3月から、ストレージ注4の高速処理に着目し、ビッグデータ時代を見据えた新たな基盤技術の開発に取り組んでいる。今後はマルチコア向けソフトウェア開発とストレージを制御するソフトウェアを組み込んだSSD注5開発を両輪として、先端技術で顧客の製品やビジネスを高速化する取組みを推進していく計画である。

(2016年6月24日時点)


フィックスターズ(3687)の株式投資に役立つ株価・株式情報、さらに詳しい事業内容や企業情報、業績予想については、フィックスターズ(3687)無料アナリストレポートをご欄ください。

沿革(レポートより抜粋)

同社は02年8月に設立された技術志向の強いベンチャー企業で、Speed up your Businessをコーポレートメッセージとして掲げている。04年にマルチコア技術開発部を立ち上げCellソフトウェア開発サービスを開始したことが、現在の事業発展の原点となっている。

会社設立当初から東芝(6502 東証一部)とはマルチコア向けソフトウェア開発やその周辺事業で協力関係にある。また、08年にはみずほ証券向けに金融機関では最初となるマルチコアでデリバティブ計算用グリッドシステムの構築を行った。その後は医療機器メーカー向けなどにもソフトウェア・サービス事業、ハードウェア基盤事業ともに、事業領域が拡大している。

(2015年01月09日時点)


フィックスターズ(3687)の株式投資に役立つ株価・株式情報、さらに詳しい事業内容や企業情報、業績予想については、フィックスターズ(3687)無料アナリストレポートをご欄ください。

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。