証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ランドコンピュータ

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ランドコンピュータ

3924

アナリストレポート

アップデートレポート

フルレポート

基本情報

特色 金融系ソフトウェア開発に強みを持つ独立系システムインテグレーター 市場名 東証二部

事業内容(レポートより抜粋)

ランドコンピュータ(以下、同社)は、直接取引と富士通(6702東証一部)などの大手システムインテグレーター(以下、SIer)等を経由した間接取引によって、ソフトウェア開発を中心としたシステムインテグレーション・サービス(以下、SIサービス)事業や、サーバやネットワーク機器等のハードウェアの導入等を行うインフラソリューション・サービス事業、他社製品を中心としたパッケージソフトに関連する事業を行うパッケージベースSI・サービス事業を提供する独立系のSIerである。

SIerの主要取引先としては、富士通(16/3期の売上高構成比17.0%、富士通グループ全体では45.6%)や、日立製作所(6501 東証一部)グループ、新日鉄住金ソリューションズ(2327東証一部)、エヌ・ティ・ティ・データ(9613 東証一部)グループ、TIS(3626東証一部)の主要連結子会社であるインテック等が挙げられる。

直販の主要取引先としては、三菱総合研究所(3636 東証一部)の連結子会社である三菱総研DCSや、三井住友トラスト・ホールディングス(8309東証一部)のグループ企業である三井住友トラスト・システム&サービス、出光興産(5019 東証一部)、関西電力(9503東証一部)の連結子会社である関電システムソリューションズ、野村ホールディングス(8604 東証一部)等が挙げられる。

創業期から手掛けている金融系のソフトウェア開発に強みを持ち、売上高の77.7%(16/3期)を占めるSIサービス事業において、金融向けの売上高構成比は43.8%と、業種別で最大となっている。

(2017年2月03日時点)

沿革(レポートより抜粋)

同社は、教育事業を長年営んでいた田村家の三兄弟、田村哲夫氏(現学校法人渋谷教育学園理事長)、田村邦彦氏、田村秀雄氏(現同社代表取締役会長)が発起人となって71年1月に設立された日本コンピュータ学院研究所(同年6月にランドコンピュータに社名変更)を前身としている。

日本コンピュータ学院研究所は、コンピュータに関する教育や、学習用事務機器の研究、開発、販売等を目的に設立されたものの、コンピュータが本格的に普及する前であっため、生徒が集まらなかった。講師として従業員に採用していたコンピュータの技術者に仕事を用意しなければならなかったため、同年9月に需要が高まっていたSIサービスに進出した。

当初の仕事は、富士通から受託した銀行向けのシステム開発を中心に事業を展開していたが、87年には東洋情報システム(現TIS)からの受託をきっかけにクレジットカードシステム分野に対象を広げた。91年には高島屋(8233 東証一部)との業務請負基本契約を締結し、百貨店向け流通システム分野にも進出した。

コンピュータの形態がメインフレーム中心からオープンシステム中心へと移行したことに対応し、06年にはハードウェアの導入やネットワークの構築などを行うISサービスの提供を開始した。

08年のリーマンショック後の需要の落ち込みに対応するため、新規の成長分野への進出を模索していた同社は、10年にセールスフォース・ドットコムと協業し、クラウドコンピューティングサービスの導入支援などを提供するPSIサービスを開始した。

同社社長の諸島伸治氏は、71年に日立製作所に入社したコンピュータの技術者であり、金融証券系のシステム開発に長年従事した後、日立ソフトウェアエンジニアリングの代表取締役社長や、日立ソリューションズの代表取締役副社長を歴任した。日立ソリューションズを退職後、上場を目指して経験豊かな経営者を探していた同社に招聘され、13年に代表取締役社長に就任した。

同社の経常利益率は、11/3期には6.6%、12/3期には8.5%と比較的高い水準で推移していたが、不採算案件の発生と本社移転に伴う家賃の増加などにより、14/3期には3.9%に悪化した。諸島社長は、プロジェクトの見積り精度と品質の向上、課長制の導入などの組織改編、部門営業利益をベースとした精度の高い業績管理などからなるマネジメント改革を開始した結果、15/3期の経常利益率は6.5%に急回復を果たした。

15年12月に、同社は東証二部に上場した。

(2017年2月03日時点)



ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社 有限責任あずさ監査法人
  • 新日本有限責任監査法人
    優成監査法人
    有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。