証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > イード

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

イード

6038

アナリストレポート

アップデートレポート

フルレポート

基本情報

特色 専門性の高いニュース記事を作成して配信するメディアサイトの運営が主力事業 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

イード(以下、同社)は、顧客に対してマーケティングサービスとデータ・コンテンツを提供する「コンテンツマーケティングプラットフォーム事業(以下、CMP事業)」と、顧客に対してリサーチソリューションとECソリューションを提供する「コンテンツマーケティングソリューション事業(以下、CMS事業)」を手掛けている。

連結子会社は、オンラインショップ「STYLE CORE」などの運営を手掛けるエンファクトリー、図書の出版などを手掛ける泰文堂、欧米企業向けのマーケティング支援事業を手掛けるInterface in Design,Inc.(米国)などの5社である。

CMP事業で運営するWebメディア、コンテンツの対象業種は、情報・通信、自動車・関連品、ファッション・アクセサリーなど7業種で、企業のマーケティング部門に対して様々なインターネット広告等のマーケティングサービスやデータ・コンテンツ利用を提案している。

CMS事業では、CMP事業から顧客の紹介を受け、企業のシステム部門、開発部門等へリサーチソリューション、ECソリューションの提案を行っている。

同社のセグメントはCMP事業とCMS事業に分かれており、CMP事業が売上高、営業利益の大きな部分を占めている。

(2017年3月03日時点)

沿革(レポートより抜粋)

同社は00年4月に、株式会社インターネット総合研究所の100%子会社、株式会社アイ・アール・アイ・コマースアンドテクノロジー(以下、IRI-CT社)として設立された。

IRI-CT社のWebメディアを通じたユーザー獲得力とマーケティングリサーチ力の融合を目指して、05年9月に旧株式会社イードの株式を取得し子会社化した。

旧株式会社イードとは、マーケティングリサーチをベースとしたデザインマネジメント・コンサルティング会社として、日産自動車(7201東証一部)の100%出資で1990年に設立され、01年にMBOにより日産自動車から独立していた。

10年6月に、旧株式会社イードを吸収合併するとともに、IRI-CT社の商号を株式会社イードに変更した。

00年12月に有限会社ポイントファイブコミュニケーションズより「RBB TODAY」の営業権を取得し運営を開始、02年11月には株式会社メディアリーヴス(旧株式会社アスキー)から「オートアスキー」(現「レスポンス」)の営業権を取得し運営を開始した。その後M&Aによる運営サイト拡大を加速していった。

09年8月に独自のプラットフォーム「iid-CMP」の運用を開始し、事業拡大のための基盤が整った。

14年4月には、インフォレストパブリッシング株式会社が運営するパズル事業の営業権を取得してパズル雑誌の発行を開始、同年6月に書籍の発行を行う株式会社泰文堂の株式を取得して子会社した。

15年3月東証マザーズ市場に上場、同年5月に株式会社絵本ナビの株式を取得して子会社化した。

同社は設立からの8年間(00年~08年)を基盤整備期、08年~13年を開発・運用期、13年からを拡張期と位置付けており、現在はM&Aによるメディア拡大に注力している。

(2016年9月02日時点)



ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社 有限責任あずさ監査法人
  • 新日本有限責任監査法人
    優成監査法人
    有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。