証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ファイズ

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ファイズ

9325

アナリストレポート

アップデートレポート

ベーシックレポート

基本情報

特色 ECサイト運営企業に特化してワンストップの物流サービスを提供する企業 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

ファイズ(以下、同社)は、ECサイト運営企業に顧客を特化して、ワンストップで物流サービスを提供する会社である。

物流業界には3PL(サードパーティー・ロジスティクス)と呼ばれる業務形態があり、同社も3PL事業者としてサービスを提供している。

顧客の物流業務を受託する3PLは、顧客の物流業務に占める担当割合(シェア)と、顧客側で発生する物流業務量によって業績が決まると言って差し支えない。

同社は社歴こそ浅いが、前身である株式会社ヴィ企画(京都府京都市)の一事業部の時代から、同社の主要顧客である大手ECサイト運営企業の物流業務の一部を担い、実績を積んできた。

主要顧客向けの売上高は、18/3期の全社売上高の68.3%に達し、同社の成長は主要顧客の成長とともにあると言っても過言ではない。

同社は、ECソリューションサービス事業の単一セグメントだが、物流プロセスのどの部分に対して提供されるサービスかによって、売上高は3つのサービス区分に分類される。

物流拠点内で行われるオペレーションサービスが全体の売上高の72.0%を占める主力サービスとなっているが、デリバリーサービスの成長により、オペレーションサービスの売上構成比は低下傾向にある。

(2018年10月5日時点)

沿革(レポートより抜粋)

前述したように同社の前身はヴィ企画の3PL事業部である。ヴィ企画は主に人材派遣業を営む企業で、物流企業向けにも事業を行っていた。その時に担当した顧客企業からの案件に対応するために、3PL事業部が設けられた。

その後、3PL事業部が急拡大したため、経営判断の機動性を高めることを目的に、ECソリューションサービスを展開する企業として分社化し、13年10月に同社が設立された。

同社の代表取締役社長には、ヴィ企画及びそのグループ会社でキャリアを積んできた榎屋幸生氏が就任した。なお、同社の筆頭株主の金森勉氏は、ヴィ企画の代表取締役である。

同社設立の翌14年2月には、ヴィ企画より、南大阪を拠点とするロジスティクスサービス事業を譲り受けた。同年5月には 、ヴィ企画よりオペレーションサービス(請負)の事業を、ヴィ企画のグループ会社であるヴィプランニングよりオペレーションサービス(派遣)の事業を譲り受けた。

これにより、物流拠点内での請負と派遣を行うオペレーションサービスと、物流拠点間の輸送を行うロジスティクスサービスが現在の中核事業として確立した。

その後は、オペレーションサービスの顧客の物流拠点に置かれる事業所、オペレーションサービスのスタッフの採用拠点やロジスティクスサービスの拠点である営業所を全国に増やしていった。

ECサイト運営企業等の物流拠点からECサービス利用者への配送を行うデリバリーサービスは、3つ目の事業として15年5月に開始したサービスである。

これにより、ECサイトを運営する顧客に対し、ワンストップでサービスを提供する体制が整ったと言えよう。この後、顧客の物流需要の増加を背景に業績拡大を続け、17年3月に東証マザーズに株式を上場した。

(2018年10月5日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。